出荷作業日数の変更 追記①

掲示板にて出荷作業日数の変更を一括でできないかというご要望が出ています。

調べてみると、取り扱う在庫ファイルによって、出荷作業日数をの名称が異なるようですね。handling-timeだったりleadtime-to-shipであったり。統一してほしいところです。

出荷作業日数の変更は、出品済みの商品については、ツールメニューより、新規出品時は、詳細設定でデフォルト値を設定していただいて行うような形を想定しています。

それでテストをしてるところなのですが、どうも出品済みの商品に対して行う、価格と数量ファイルに出荷作業日数を追加すると、数量()を空欄にできないようです。 つまり、更新時に在庫数も指定が必要です。

これって、在庫数がずれる可能性があるような気がするのですが・・。現在Amazonに問い合わせています。

たとえば、在庫数が3の商品があったとします。

従来の価格改定では、在庫数は空欄で、価格のみ(あるいは価格とポイント)を更新しています。在庫数に影響を与えません。

在庫を入力して更新する場合、その更新作業中に商品が売れてしまうと、ずれる恐れがあるかと思います。

①現在の在庫数は3

②価格を100円、在庫数3で更新

 

この②の更新処理中(アップロード処理中)に、商品が売れてしまうと、在庫数2になるところが、②の処理完了によって在庫数3のままになってしまう恐れがあるということです。

これはやむを得ないのでしょうか。何か情報お持ちの方がいらっしゃればご連絡ください。

 

追記①

Amazonから回答がありました。やはり懸念したとおり、在庫の更新も必須なので、更新処理中に商品が売れると、在庫数がずれる可能性があります。

在庫に影響内容に出荷在庫日数を変更するには、セラーセントラルより個別に編集画面で修正するしかないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です