C条件(カスタム条件)の話

詳細設定のC条件には、共通設定値という入力欄があります。ちょっとなんのことだかよく分からないと思います。 下記の個別の条件を作る時、制限設定内で使います。

例えば、出品価格が1000円以上の商品は比較対象から値引きするけれど、原価より下がる場合は、元の価格から50円引き・・・みたいなことを指定することができます。

この50円に部分に相当する金額は、共通設定値で指定することができます。 50円、あるいは50%という割合指定が可能です。

原価より下げたくない、しかし現状維持ではまったく売れない・・・そういう時に徐々に値下げするような場合に利用します。

当時の利用者からの要望で無理矢理追加した機能だったような気がします。 やはり理解しづらいかもしれません。

そもそものC条件の概要ですが、特定の条件(SKUにある記号が含まれている、出品価格が●●円から▲▲円)の商品に対しての価格の調整方法を指定できるものです。

そしてその条件で価格を改定してみたものの、原価割れする、急激に値下がり、値上がりする場合は、やっぱり現状維持にしよう、少しだけ下げる(上げる)だけにしようといった制限設定がセットになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*