書籍以外の2000円未満の配送料追加について

4/6日より、Amazonが発送する商品の購入金額の合計が2000円に満たない場合、350円が追加されるようです。

取り扱う商品によっては、価格改定時にご注意ください。

現状のAPC-Proでは、FBAは配送料無料との判断で、自己発送とFBAとの比較で配送料が余計に考慮されるおそれがあります。

つまり、書籍以外の出品価格2000円未満は、

自分が自己発送で、FBAの送料ありの出品者と比較すると、
配送料分余計に値引きしてしまう。

自分がFBAの送料ありで、自己発送と比較すると、
配送料分余計に値上げしてしまう。

ということになります。

先の要望で、自己発送の送料無料の話をしましたが、今のAmazonでは、

自己発送の送料あり

自己発送の送料無料

FBAの送料あり

FBAの送料無料

が混在することになります。

価格改定戦略でも、いろいろと見直しを迫られることがあるかと思います。

2000円に近い、例えば1900円のような商品は、2000以上に引き上げたほうが、購入者、出品者ともにメリットがある場合もあります。

1900円+350円

2000円 送料無料

このようなケースです。

ソフトウェアの方では、FBAかどうかではなく、送料の有無によって考慮するかどうか、早急に改善したいと思います。

送料のかかるFBAとしても、Amazonが発送するというのは、ひとつの安心感があるかと思います。 価格の差別化をどうするかも検討に余地がありそうです。

Amazonが発送する 2000円の商品

Amazonが発送する 1650円+350円の商品

出品者が発送する  2000円の商品

出品者が発送する 1650円+350円の商品

これらは購入者からみれば価格は同じですが、印象や信用面では異なる恐れがあります。

当方も勉強不足な面があり、取り急ぎですが、ご意見等ある方はお寄せいただければ幸いです。