出品者の違い。

Amazonで取り扱うカテゴリーが増えて、その商材によって売れている売れてない、トラブルが多い少ないの違いが大きいような気がします。

中古を扱うお客様が当方はメインだと思いますが、売上が急に減ったという話もちらほら聞きます。

単純に同じカテゴリーの商材を扱っている人でも、売れている人と売れていない人がいるでしょう。

Amazon出品者同士・・というだけでは話がかみ合わないこともあるのではないかと思っています。

当方のサービスでも出品者の扱う商材によって、必要なサービスも変わってくるのかなと。

利用者様の意識の違いもありますし。

とにかく最低限シンプルな機能だけあればよいという人

複雑な条件でも対応してほしいという人

こまめに商品をチェックしている人、2,3日は放置している人。

最安値にこだわる人・・・

 

各々の出品者様が現状をどのようにとらえているか・・・

売れないと嘆きつつ・・・特に何もしていない(日常業務を坦々とこなす)人

売れない原因を探す人

Amazon以外に目を向ける人

 

少し視野を広くもち、状況を整理しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です